フォレスター新型のモデルチェンジ情報!フルモデルチェンジでどう変わった?

下取りは絶対に一括査定サイトを使うこと!

これこそあなたの悩みを解決する方法です。

ディーラーでの下取り価格なんかより、このサイトで紹介している買取業者では、70万円も高くなることも多々あります。

一括査定サイトを使うことで大手下取り会社が、あなたの車の買取金額を勝手に競ってくれるので、買取額が上昇していくのです。


5代目となる新型フォレスターは、新型プラットフォームと新開発の2.5L水平対向4気筒直噴エンジンで、6年ぶりのフルモデルチェンジをしました。

スバルの技術を徹底的に磨き上げ、豊かさ・快適さ・愉しさ・冒険心を訴える車へと進化した新型フォレスターと現行モデルを比較し、その進化をお伝えしたいと思います。

新型フォレスターの前モデルとの違い

■新世代プラットフォーム「スバルグローバルプラットフォーム(SGP)」を採用

このプラットフォームの凄さは走りの質感の高さです。ステアリング操作との連動に優れていて、迅速で正確な反応により、車を運転する楽しさを体感できます。そのため細かいステアリングの切り増し切り戻しが減るので、同乗者の疲れや酔いの軽減も期待できます。また、路面状況を問わず乗り心地が良いのに加え、不快な振動や騒音が少ないのも特長です。静かな車内で会話や音楽を共有しながら、揺れの少ない快適なドライブを愉しめます。

■危険回避性能の向上

徹底した高剛性化とさらなる低重心化により、優れた危険回避性能を実現しています。突然の危険に対してステアリングを切った時、抜群の応答性と安定性を発揮します。また、車体の強度アップやフレームワークの最適化などにより、衝撃を効率的に吸収するボディ構造を実現。SUBARUが誇る衝突安全性能を、さらに進化させています。

フォレスター Advance ホライゾンブルー・パール

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/design/exterior.html

■X-MODEの追加

4輪の駆動力やブレーキなどを適切にコントロールすることで、悪路からのスムーズな脱出を実現します。新型フォレスターでは新たに2モードタイプが採用されています。雪道や砂利道など滑りやすい道を走行する時は「SNOW・DIRT」モード、深雪やぬかるみといったタイヤが埋まってしまうような道では「DEEP SNOW・MUD」モードを設定。路面を見てモードを選択するだけの簡単操作で、さまざまな道を安心して走ることができます。また、下り坂などで車速が急に上がってしまうような場面では「ヒルディセントコントロール」が作動。ブレーキ操作に気をつかう雪道や砂利道の下り坂などでも、常に一定の車速を維持しながら下ることができます。

新型フォレスターはどう変わった? エクステリアは?

エクステリアには随所にアクセントカラーやハイグロスブラックを採用し、専用アルミホイールなどにより、SUVらしさが強調されています。

その他、サイドシルをドアパネルで覆い、汚れが付着しにくいクリーンサイドシルを採用。

リアドア開口部のステップの幅を広げてフラットな形状に変更することで、乗降時をはじめ、ルーフレールに荷物を積んで固定する時や洗車時などの足場としても活用できるようになっています。

フォレスター クリーンサイドシル

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/design/exterior.html

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/design/exterior.html

【スバル新型フォレスター】エクステリア(外装)新旧モデル比較

フォレスター 新型 フロント

スバル フォレスター 2018 米国仕様 フロント

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/grade/grade.html#grade3

フォレスター 先代 フロント

スバル フォレスター 2012 フロント引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/grade/grade.html#grade3

■スバル新型フォレスターのボディサイズ

スバル新型フォレスターのボディサイズは次の通りです。

  • 全長4,625mm
  • 全幅1,815mm
  • 全高1,730mm
  • ホイールベース2,640mm

モデルチェンジ前のボディサイズは、

  • 全長 4,595mm
  • 全幅 1,795mm
  • 全高 1,715mm
  • ホイールベース2,640mm

スバル新型フォレスターのボディサイズは、スバルの主力市場になっている米国でサイズアップのニーズが多いことから、全長+30mm、全幅+20mmと一回り拡大されました。

米国では新しく3列シートSUVであるアセントが用意されたため、その拡大幅は小さめになっていますが、新型フォレスターではこれまでより大きな室内空間が魅力になっています。

●ボディカラーに新色「ジャスパーグリーン・メタリック(フォレスター専用色)」が追加

●Advanceグレードのフロント・サイド・リアバンパー、ドアハンドルにメッキパーツを活用フォグランプ部分にもメッキパーツ採用で質感向上を演出

●スポーツ仕様のX-BREAKグレードは「ハイグロスブラック加飾」、「バンパーにオレンジ色の加飾」「リアがダークテール形状」「専用アルミホイール」といった専用デザインとなっています。

フォレスター 新型 リア
スバル フォレスター 2018 米国仕様 リア
引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/grade/grade.html#grade3

フォレスター 先代 リア

スバル フォレスター 2012 リア
引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/grade/grade.html#grade3

新型フォレスターはどう変わった? インテリアは?

フォレスター 新型 インパネ

フォレスター シート材質:Premium&Advance用ファブリック/トリコット+合成皮革(シルバーステッチ)
引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/design/interior.html

フォレスター 先代 インパネ

スバル フォレスター 2016年型 内装
引用:https://autoc-one.jp/subaru/forester/newmodel-5002383/

フォレスター 新型 リアシート

フォレスター シート材質:本革シート[ブラウン(シルバーステッチ)]〈メーカー装着オプション〉

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/design/interior.html

フォレスター 先代 フロント・リアシート

スバル フォレスター 2.0XT EyeSight 2015年型 内装
引用:https://autoc-one.jp/subaru/forester/newmodel-5002383/
正式な室内寸法は公開されていませんが、わずかに拡大されたボディと、30mm延長されたホイールベースは、主に後席と荷室に反映されています。
先代に比べ、左右の座席間の距離と後席のレッグスペースを拡大し、より快適な室内空間が確保されています。
スクエア形状に広げられた荷室は、開口部も大幅に拡大し積載量が大きく向上しています。
フォレスター Advance 本革シート[ブラウン(シルバーステッチ)] 1
引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/design/interior.html
フォレスター ディーラーオプション装着車
引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/design/interior.html

スバル新型フォレスターのラゲッジスペース

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/design/interior.html

  • ラゲッジスペースは、積載性が大幅向上しています。
  • スクエアな形状のカーゴスペースと最大で1,300mmとなる荷室開口幅
  • リアゲートには、新型のパワーリアゲートを採用し、自動閉操作から車両の施錠までを連続して実行可能となる新ロックシステム採用(スバル初)が採用されています。

f:id:carislife:20180329095739j:plain

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/design/interior.html

あらゆる面で改良が重ねられている新型フォレスター。

ご購入時にぜひ参考にしてみてくださいね。

新型フォレスターが本来の価格から70万円以上安くなる方法!!

「スバル・フォレスターが予算オーバーだ…」

「値引きで安く買いたい…」

「どうすれば安くなるのか全くわからない」

「ディーラーを回るのは面倒…」

「新車をお得に最安値で手に入れたい…」

「ディーラーの売り込みがイヤ…」

「比較がめんどう」

など、【スバル・フォレスター】を購入したいと思っているのに心配事が尽きない…

と悩んでいる方はあなただけではありません。

誰か身近な人に相談しても詳しい人はなし、欲しい車に手が届かない。

それで結局ディーラーに頼まなきゃ…

 

そんな方にオススメの裏ワザをご紹介します。

 

下取りは絶対に一括査定サイトを使うこと!

これこそあなたの悩みを解決する方法です。

ディーラーでの下取り価格なんかより、このサイトで紹介している買取業者では、70万円も高くなることも多々あります。

一括査定サイトを使うことで大手下取り会社が、あなたの車の買取金額を勝手に競ってくれるので、買取額が上昇していくのです。


クルマ好きの私が

好きなことを書いて報酬大量発生中!!!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

→気になるその方法とは!?←

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする