新型フォレスター搭載アイサイト徹底解説!ツーリングアシストも紹介

スバルが世界に誇る最新技術が

このアイサイトです。

まだスバル車に乗ったことがない人でも、

その名前だけなら聞いたことがあるのでは

ないでしょうか?

もちろん新型フォレスターにも

搭載されていますよ。今回は

そんなアイサイトに詳しくなってもらいます。

アイサイトとは?

アイサイトって何?

このように思っている人は

意外とたくさんいると思います。

技術開発に定評のあるスバルの先端技術の

ひとつで、日々進化している安全装備です。

安全装備は他のメーカーも盛んに

研究していますが、アイサイトの

大きく違う点がステレオカメラです。

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/safety/safety2_1.html

トヨタといった他の大手自動車メーカーは、

人や障害物を検知する際に、

カメラ+レーダーなど複数の装置を

同時に用いています。そのため、

機械ひとつひとつにお金がかかり、

車も高価になってしまいがちです。

その点、スバルではステレオカメラのみで

全てカラーで検知するので、

比較的安価で、より正確な情報を得られます。

まさに人の目でみているといった感じですね。

しかしステレオカメラにも弱点があります。

夜の暗い時霧がかかっている時など、

目を使って見にくい場合は、

ステレオカメラでの認識がうまくいかなく

なってしまうことがあるといった

デメリットもあります。

それでもやっぱりアイサイトの安全性能は、

トップレベルです。

技術は日々進化しているので、

そう遠くないうちに、カメラだけで

人の目をはるかに超えられるように

なりそうですね。

アイサイト搭載車

フォレスター以外のアイサイト搭載車を

一気に見ていきましょう。

レヴォーグ

引用:https://www.subaru.jp/levorg/levorg/grade/grade.html#grade3

インプレッサSPORTS

引用:https://www.subaru.jp/impreza/impreza/grade/grade.html#grade3

インプレッサG4

引用:https://www.subaru.jp/impreza/g4/grade/grade.html#grade3

SUBARU XV

引用:https://www.subaru.jp/xv/xv/grade/grade.html#grade4

WRX S4

引用:https://www.subaru.jp/wrx/s4/grade/grade.html#grade2

レガシィアウトバック

引用:https://www.subaru.jp/legacy/outback/grade/grade.html#grade2

レガシィB4

引用:https://www.subaru.jp/legacy/b4/grade/grade.html#grade2

これらの車種の現行車には、

全てアイサイトが搭載されています。

スバルの乗用車のほぼ全てで、

標準装備であるのも嬉しいところですね。

アイサイトの機能

それではここからは、アイサイトによって

もたらされる機能を見ていきましょう。

衝突を避ける!

安全装備といって、まず思い浮かべるのでは

ないでしょうか?

・プリクラッシュブレーキ

引用:https://www.subaru.jp/safety/function/

ステレオカメラによる迅速かつ正確な

検知によってブレーキ制御を行い、

事故を未然に防ぎます。

50km/hまでの低速度域では衝突回避を、

それ以上の速度域では衝突被害軽減

行います。つまり、一般道における

急な飛び出しなどに対する処置

という訳ですね。

50km/hまで衝突回避になるのは

相当高性能である証拠です。

ドライバー側はいくら注意してても、

飛び出されたら対処しきれない事もあるので、

こういった機能は必須ですね。

AT誤後進抑制制御&AT誤後進抑制制御

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/safety/safety2_1.html

アクセルとブレーキを踏み間違えた事による

事故のニュースを、何回も聞いたことが

あると思います。

高齢者なんかは特に注意が必要ですよね。

そういった出発時に起こりうる事故を

この機能は防いでくれます。

前方もしくは後方の障害物を感知し、

警告エンジン制御を行います。

こういった車ならコンビニに突っ込むといった

事故はほとんど無くなりそうですね。

・後退時自動ブレーキシステム

引用:https://www.subaru.jp/safety/function/

自動ブレーキシステムといえば、

前に進んでいる時が有名ですよね。

このシステムは後ろに進む際

発動するシステムになっています。

車の後ろに搭載されたレーダーによって

いち早く壁などの障害物を検知し、

ドライバーへの警告ブレーキ制御

行います。運転しているのが人間ですので

距離を見誤ってしまう事もありますよね。

そんな時、ヒヤッとから救ってくれます。

安全運転の支援

事故につながるヒヤリを減らします。

・ハイビームアシスト

引用:https://www.subaru.jp/safety/function/

夜間走行中の車のライトの設定を自動で

行ってくれるという機能です。

ハイビームの状態で走行している車同士が

すれ違うと、光によって死角が生まれる

蒸発現象が起こってしまいます。

歩行者などが見えなくなってしまい、

とても危ないですよね。

そこで、対向車線に車がいない場合には、

遠くまで見ることのできるハイビームを、

車を検知した場合にはロービームを、と

自動で切り替えます。ライト切り替えの手間

減らすことができますね。

スバルリヤビークルディテクション

引用:https://www.subaru.jp/safety/function/

高速走行時に車線変更する際や

駐車場での後進時などで、

死角になってしまうところがありますが、

車両後方のレーダーによって車を検知し、

ドライバーに知らせてくれます。

高速道路での車線変更時なんかは、

ミラーの死角に入られると、

ヒヤリじゃ済ませれないですよね。

そんな時に警告してくれるので

とても助かります。

死角をなくす!

・スマートリアビューミラー

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/safety/safety2_2.html

通常のミラーだと、

トランクの荷物が多くなったり、

乗っている人が邪魔だったりして、

後ろが見にくいということがありますよね。

それを解決するのがこの機能です。

リヤゲート内部に搭載されたカメラの映像を

ミラーに映す事によって、

クリアな視界をもたらします。

・フロント&サイドビューモニター

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/safety/safety2_2.html

フロントグリル助手席のドアミラー

取り付けられたカメラの映像を、

ディスプレイに映し出します。

ドライバーの座る位置からはどうしても

見にくくなるので、

これがあれば死角を減らしてくれますね。

ツーリングアシスト

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/safety/safety2_1.html

2018年10月現在の最新のアイサイトにはこの

ツーリングアシスト機能があります。

ツーリングアシストが搭載されているのが、

フォレスターレヴォーグWRX S4です。

ツーリングアシストの最大の特徴と言えば、

0km/h〜120km/hという

乗用車を運転する上で出す、ほぼ全ての

速度域でアクセルブレーキステアリング

自動アシストを行える点ですね。

そのため、これまで他のメーカーの

操縦アシスト装置が苦手としてきた、

渋滞など低速で動く時のアシストが

より正確に可能となっています。

これまであった疲労軽減システムである

全車速追従機能付クルーズコントロール

引用:https://www.subaru.jp/safety/function/

車線逸脱抑制

引用:https://www.subaru.jp/safety/function/

などの性能も上がっています。

アイサイトが進化した事により、

ステアリングの操作性能も上昇し、

自動アシストがより人の運転に

近づいています。

日々進化する先端技術を

ぜひ体感してみて下さいね。

これを知らないあなたは〇〇万円損してる!?

車を買い換えたいな!

けど家計のこと考えると余裕が・・・

そんなあなたに必見の方法が

楽天オートです。

ディーラーに下取りでの下取りよりも

最大で50万円以上

高く買い取ってもらえるので

知らなかった人よりも

何十万円も得することになりますよ

早速査定して、今のあなたの愛車の

正しい価値を見てみましょう!

↓安心の楽天運営↓

クルマ好きの私が

好きなことを書いて報酬大量発生中!!!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

→気になるその方法とは!?←

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする