フォレスター新型のタイヤ!タイヤサイズやタイヤ交換についてご紹介

愛車を乗り続けていくうえで必要になるのがタイヤ交換です。
タイヤは消耗品でありフォレスターでたくさんドライブし、思い出が増えていくことと比例してタイヤも消耗していきます。

古くなったタイヤで走り続けると溝がなくなってくるため、タイヤが路面をうまく掴めずに滑ってしまい、スリップの危険性が高まります。

また、タイヤのゴムの劣化により高速走行に耐えられずタイヤが破裂してしまうこともあります。
タイヤのトラブルは走行時に起こるものが多く自分で車をコントロールすることができなくなるので、最悪の場合命を落とすなど大きな事故につながりかねませんよね。

そのようなことにならないために、新型フォレスターを乗り続けていく上でタイヤ交換の際に必要になる、タイヤサイズや近年流行中のサイズアップ、またタイヤの交換方法について紹介していきます。

新型フォレスターのタイヤサイズ

新型フォレスターのタイヤのサイズは2種類ありグレードによって異なります。

・2.5Touring
・2.5X-BREAK

タイヤサイズ 225/60R17(17インチ)

・2.5Premium
・2.0Advance

タイヤサイズ 225/55R18(18インチ)

新型フォレスターはモデルにより17インチと18インチのタイヤが装着されています。
しかし、同じインチ数のタイヤがすべて使えるわけではありません。
17インチや18インチというのはリム経というホイールの直径を表しています。
そのためタイヤを探す際には必ずタイヤのサイズすべて調べて探す必要があります。
ここからは間違わないために、詳しく説明していきます。

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/grade/grade.html#grade2

新型フォレスターには2.5Touringと2.5X-BREAKの2グレードでは225/60R17というタイヤが装着されています。
これは以下の3点を表しています。

●タイヤの幅は225mmである
●タイヤの厚さ(高さ)がタイヤの幅に対し扁平率が60%である
●リム経というホイールの直径が17インチである

同じリム経でも幅が広すぎるもの小さすぎるものタイヤが厚すぎるもの薄すぎるものは新型フォレスターに装着することが出来ません。仮に装着してできた場合には走行距離や速度計がタイヤの回転と合わなくなりずれてしまいます。

タイヤから見る新型フォレスターのグレード別乗り心地

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/special/photo.html

タイヤのサイズというのは燃費乗り心地見た目など様々な要素と密接な関係があります。
新型フォレスターでは2.5Touringと2.5X-BREAKのグレードに比べ、2.5Premiumや2.0Advanceのグレードの方が、大きなホイールに対し厚みの小さなタイヤが装着されているので、ホイールが一層際立ちとてもスタイリッシュに見えます。

またタイヤの厚みが小さいほど空気を入れても丸みを帯びずに路面との接触面積が大きくなるので車の曲がる、止まるといった基本的な運動性能が向上します。

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/special/photo.html

一方タイヤの厚みが大きい2.5Touringグレードと2.5X-BREAKグレードにも優れている点はしっかりと存在します。

このタイヤの厚さによりホイールと地面との距離がしっかり保たれますので、走行中に伝わる路面からの振動をタイヤがしっかりと吸収し乗り心地が良くなります。
タイヤの中は窒素や空気を入れるとタイヤは膨らみ丸みを帯びます。
タイヤの厚みが大きいほど丸みが大きくなり路面との接触面積が小さくなります。
結果的に燃費の向上につながります。

つまり、スタイリッシュな外見と高い運動性能をポイントとする場合2.5Premium2.0Advanceのグレードがおすすめであり、乗り心地や燃費をポイントとする場合には2.5Touring2.5X-BREAKのグレードがおすすめです。

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/grade/grade.html#grade3

最近ではサイズアップという、タイヤのホイールを純正よりも大きくしている車を見かけることがあります。フォレスターの場合、タイヤを純正サイズの17インチや18インチよりもさらに大きなものに変更している車も少なくありません。
大きなホイールに変更し、薄いタイヤを装着することでより外見をスタイリッシュにすることができるため、外見を重視するとこのサイズアップを好む人も多くいます。
しかし乗り心地や燃費の悪化などのデメリットも生じてしまうことを忘れてはいけません。
サイズアップをするときには外見などのメリットだけにとらわれずにデメリットにも注意して行うことが必要です。

タイヤの交換のタイミングは?タイヤ交換方法ってどうするの?

タイヤは雨の日のような濡れた路面では、水の影響で路面とタイヤが上手く接触できないと、水の上に車が乗ってしまいコントロールできなくなる、ハイドロプレーニング現象が起きてしまいます。
そのため雨の日でも安全に運転できるようにと通常の車のタイヤには溝が作られています。購入したばかりのタイヤには約8.0mmの溝がありますが、走っていくことで路面との抵抗により徐々に溝が小さくなってしまいます。
タイヤの溝が1.6mmを超えるとタイヤの限界を示す∇マークのようなスリップサインが出てきます。
タイヤ交換を行うタイミングとしてスリップサインが出るまで乗り続けて交換する人は、危険ですし、車検などの点検でスリップサインが出る前にタイヤの交換を進められるため少ないでしょう。
実際にはタイヤの溝が3.0mm程度になると自動車の点検でタイヤ交換を進められます。

また、タイヤの交換時期は溝だけではありません。
あまり距離を走っていない車は溝の減りが少ないでしょう。
しかし溝が減っていないからといって、ずっと同じタイヤで走っても大丈夫なわけではありません。
タイヤはゴムですので紫外線や熱いアスファルトによりゴムが劣化し、ひび割れてしまいます。
このタイヤのひびが走っているときにタイヤが破裂する原因になります。
タイヤにひびが入ってきたら交換を考え始めるタイミングなのです。

またこのようにタイヤの交換が必要になった際は、無理に自分で行わずガソリンスタンドやカー用品店、ディーラーなどで専門知識がある人にお願いして、交換を実施することをおすすめします。

新型フォレスターの交換できるタイヤ紹介

前述したようにタイヤの幅やサイズ、扁平率を考え購入しなければなりません。
そこで新型フォレスターの全グレードで交換可能なタイヤを厳選して紹介していきます。

ダンロップ GRANDTREK PT3
舗装されたオンロード向けのSUV用タイヤで、操縦安定性能や濡れた路面でも安定して走ることのでき、環境面にも配慮したタイヤ

ミシュラン PRIMACY3
世界大3大メーカーの一つであるミシュランの、安定した走りと快適な乗り心地、環境性能を妥協なくすべての性能を追求して作られたトータルパフォーマンスの優れたタイヤ

ブリジストン DUELER H/L 850
タイヤブランドとして世界でもトップシェアを誇るブリジストンが低燃費で静かな走りと偏摩耗を抑えタイヤのライフ性能に配慮したタイヤ

ブリジストン  ALENZA001
ブリジストンのもう一つのSUVタイヤで、低燃費かつ、濡れていても乾いていて  もどちらの路面でも高い運動性能を発揮できるタイヤ

トーヨータイヤ  PROXES CF2 SUV
非対称パターンの溝で雨天時の安心感と低燃費性能に定評のタイヤ

グッドイヤー   Efficient Grip SUV HP01
世界3大メーカーの1つであるグッドイヤーのオンロードタイヤで、走行時の高い静粛性と低燃費性、高い操縦安定性により快適で優れた走りが魅力のタイヤ

ヨコハマタイヤ   GEOLANDAR SUV
SUVタイヤとして耐久性にも優れ、環境に配慮した技術を融合した低燃費なジオランダー
オフロードの走破性で有名なジオランダーH/T-Sに比べ快適性に配慮したつくりとなっている

タイヤは車の足であり、タイヤによって車の走行性能は大きく変わってきます。
タイヤは車の消耗品の中でも高額なものの一つですので少しでも安いタイヤを購入したいと考えるでしょうが、大切な新型フォレスターはもちろんのこと、自分の命をはじめ家族や恋人、友人など同乗者の命を事故で失わないために、価格だけに目を向けず自分が信頼して運転することができるタイヤを選んでください。

新型フォレスターが装着しているようなSUVのタイヤは耐久性に優れているタイヤが多いですが、安全なドライブのためにも日頃からひびがないかチェックしたり、早期のタイヤ交換の検討をしたりする必要があります。安心なタイヤで安全なドライブを楽しんでください。

これを知らないあなたは〇〇万円損してる!?

車を買い換えたいな!

けど家計のこと考えると余裕が・・・

そんなあなたに必見の方法が

楽天オートです。

ディーラーに下取りでの下取りよりも

最大で50万円以上

高く買い取ってもらえるので

知らなかった人よりも

何十万円も得することになりますよ

早速査定して、今のあなたの愛車の

正しい価値を見てみましょう!

↓安心の楽天運営↓


フォレスターのカスタムのための関連記事はこちら

フォレスターのアクセサリーおすすめ

フォレスターのタイヤに迫る→

フォレスターのSTIを詳しく→

フォレスターのオプションを紹介→

フォレスターのオイルのあれこれ→


フォレスター購入に役立つ関連記事はこちら

フォレスター新型の価格や費用はどのくらい→

フォレスター新型の維持費やローンに詳しく→

フォレスター新型の納期最新情報→

フォレスター新型を値引きます→

フォレスター新型の税金を解説→

クルマ好きの私が

好きなことを書いて報酬大量発生中!!!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

→気になるその方法とは!?←

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする