スバルSUV車比較!新型フォレスターvsアウトバック!どっち?

近年注目を集めているのが、SUVです。

今回はスバルのSUV車であるフォレスターレガシィアウトバック

徹底比較していきます。

つい最近フルモデルチェンジしたことにより、

注目度も人気さも日本ではフォレスターが優っています。

一方のアウトバックは、日本ではあまり売れていないかもしれませんが、

アメリカなどを中心に海外では大変人気となっています。

新型フォレスターにはハイブリット車が

ありますが、ここではガソリン車同士を

比較していきますね。

スペック比較

まずはスペックを見ていきます。

フォレスター

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/special/photo.html

車長・・・・・・・・・4625mm

車幅・・・・・・・・・1815mm

車高・・・・・・・・・1715mm*

車内長・・・・・・・・2110mm

車内幅・・・・・・・・1545mm

車内高・・・・・・・・1270mm

ホイールベース・・・・2670mm

トレッド(前)・・・・1565mm

トレッド(後)・・・・1570mm

最低地上高・・・・・・220mm

定員・・・・・・・・・5人

*X-BREAKのみ1730mm

燃費(jc08モード)・・14.6km/L

最小回転半径・・・・・5400mm

エンジン

FB25

水平対向4気筒

2.5ℓ DOHC 16バルブデュアルAVCS 直噴

総排気量・・・・・・2498cc

ボア・・・・・・・・94.0mm

ストローク・・・・・90.0mm

圧縮比・・・・・・・12.0

最大出力・・・・・・136/5800(kW/rpm)

最大トルク・・・・・239/4400(N・m/rpm)

燃料タンク容量・・・63.0L

燃料種類・・・・・・無鉛レギュラーガソリン

レガシィアウトバック

引用:https://www.subaru.jp/legacy/outback/special/photo.html

車長・・・・・・・・・4820mm

車幅・・・・・・・・・1840mm

車高・・・・・・・・・1605mm

車内長・・・・・・・・2030mm

車内幅・・・・・・・・1545mm

車内高・・・・・・・・1240mm

ホイールベース・・・・2745mm

トレッド(前)・・・・1575mm

トレッド(後)・・・・1590mm

最低地上高・・・・・・200mm

定員・・・・・・・・・5人

燃費(jc08モード)・・14.8km/L

最小回転半径・・・・・5500mm

エンジン

FB25

水平対向4気筒

2.5ℓ DOHC 16バルブ AVCS

総排気量・・・・・・2498cc

ボア・・・・・・・・94.0mm

ストローク・・・・・90.0mm

圧縮比・・・・・・・10.3

最大出力・・・・・・129/5800(kW/rpm)

最大トルク・・・・・235/4000(N・m/rpm)

燃料タンク容量・・・60.0L

燃料種類・・・・・・無鉛レギュラーガソリン

使いやすさはフォレスター!

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/special/photo.html

総合的に見たら使いやすさはフォレスターですね。

まず車内空間に関しては、

車内長が長く車内高が高くなっているので、

乗った時により広々とした印象を受けると思います。

車の運転は長いこと集中しなければいけないので、室内の快適さや開放感なんかは使いやすさにおいて大きな要因となりますよね。

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/design/interior.html

また、乗る部分が高くSUVらしさがより顕著に表れています。

SUVといえば車高が高く運転時の見晴らしがいいことで知られています。

ですので、フォレスターもアウトバックよりも視界が高くなっています。

一方で乗る部分が高いということは、乗り込むところもより高くなっているので、

乗り降りのしやすさでいえば、アウトバックの方が優れているといえますね。

しかし、フォレスターには追加オプションで乗り降りする部分に、

サイドステップを取り付けることができるので、

小さいお子さんがいるファミリーお年寄りの方なんかも安心して使うことができそうです。

操作性に関しては、最小回転半径が短く小回りが利きます。

これはホイールベースが短いことやエンジンがより強くなっていることが

影響しているでしょう。

引用:https://www.subaru.jp/impreza/impreza/driving/platform.html

さらに、アウトバックに搭載されているプラットフォームである

シンメトリカルAWDの代わりに、

フォレスターに搭載されたSGP(スバルグローバルプラットフォーム)

操作性の向上に大きく役立っていますね。

SGPは純粋な進化と言えるでしょう。

これまでの運転のアシストは、どうしてもハンドリングに電子制御の感覚が

強く出てしまっていたのですが、SGPではよりドライバーに

忠実なハンドリング操作を実現しています。

それによる蛇行の減少なんかは同乗者にとってもとても嬉しいことですね。

また徹底した低重心で、より安定した走りの実現もしています。

プラットフォームは車の操作性や乗り心地に

直結してくるので、その進化は相当大きいでしょうね。

燃費はアウトバック!

引用:https://www.subaru.jp/legacy/outback/special/photo.html

ガソリン車同士を比較すると燃費はアウトバックの方がいいですね。

フォレスターのハイブリッドのグレードはもちろん燃費はいいですよ。

フォレスターのエンジンは、出力やトルクといった強さでは

アウトバックの強化版だといえますが、燃費は少し悪くなってしまっていますね。

違いは0.2km/Lと、とても小さいようにも見えますが、

車に乗るなら何万キロも走ると思いますので、

燃費のこのちょっとした違いがガソリン代など車の維持費に大きく響くことになるでしょう。

積載力はアウトバック

引用:https://www.subaru.jp/legacy/outback/special/photo.html

フォレスターとアウトバックの荷室を比較してみるとこんな感じになります。

アウトバック フォレスター
荷室高 824mm 884mm
荷室開口部最大幅 1175mm 1300mm
荷室フロア幅 1080mm 1100mm
荷室フロア長(5人乗車) 1062mm 908mm
荷室フロア長(3人乗車) 1653mm 1547mm
メイン容量 559L 520L

フォレスターの方がトランクの口が大きいですね。

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/utility/utility.html

口が大きいということは大きな荷物の出し入れがしやすいということですね。

アウトドア向けのSUVということで、キャンプなんかに出かける人も多いのではないでしょうか。大きな荷物は出し入れが大変ですよね。

その点を考えるとフォレスターの荷室は優れていると言えるでしょう。

積む能力で言ったらアウトバックですね。

引用:https://www.subaru.jp/legacy/outback/utility/cargoroom.html

荷室の奥行きがあり荷室容量が40Lほど違っています。

積むことのできる量は車の使いやすさに直結してくるのでしっかり知っておきたいですね。

価格比較

それぞれの価格を見ていきましょう。

フォレスター

Touring

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/grade/grade.html#grade1

2,808,000円

Premium

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/grade/grade.html#grade2

3,024,000円

X-BREAK

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/grade/grade.html#grade3

2,916,000円

Advance

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/grade/grade.html#grade4

3,099,600円

アウトバック

ベースグレード

引用:https://www.subaru.jp/legacy/outback/grade/grade.html#grade1

3,294,000円

Limited

引用:https://www.subaru.jp/legacy/outback/grade/grade.html#grade2

3,564,000円

値段の安さで言ったらフォレスターの勝ちですね。

アウトバックの方はオプションとかをいろいろと付けて行ったら、

400万円は軽く超えてしまいそうですね。

ところで、エクステリアに関しては皆さんはどちらが好きでしょうか?

写真からでもフォレスターの方が高さがあるのがわかります。

SUVらしさがより濃く出ていますね。

アウトバックはフェイス部分も薄く、

ボディ全体もシュッとした印象がありセダンに近いフォルムですね。

何にこだわるかによって、お金の価値も変わってくるので、

値段に関しては簡単には優劣はつけ難いですね。

フォレスターvsアウトバックまとめ

フォレスターはファミリー向けですね。

より高い車内高は、小さいお子さんがいる場合にはとてもありがたいですし、

少し高くなっている地面からの高さは、

オプションでステップをつければ乗り降りには困りません。

値段が安いのも嬉しいですね。

安全性能に関しても、フォレスターの方が

フルモデルチェンジしてからまだ新しいので、

全てにおいて優っていると言えます。

ドライブアシストも進化しており、

長旅や行楽シーズンの渋滞でも、

疲れをより軽減することもできますね。

アウトバックはフォレスターよりは、走りを楽しみたい人向けですね。

新型フォレスターの口コミにもマニアを意識しなくなって

ファミリー向けになったというようなレビューもありました。

アウトバックはホイールベースが長く、

安定した走りをすることができます。

あとはSGPを搭載すればより良くなりそうですね。

私としては、スバルの先端技術が満載、つまり世界でも高水準の装備であり、

SUV車らしいエクステリアのフォレスターがいいですね。

感じ方は人それぞれだと思うので、

これだって思った車をぜひ購入して下さいね。

これを知らないあなたは〇〇万円損してる!?

車を買い換えたいな!

けど家計のこと考えると余裕が・・・

そんなあなたに必見の方法が

楽天オートです。

ディーラーに下取りでの下取りよりも

最大で50万円以上

高く買い取ってもらえるので

知らなかった人よりも

何十万円も得することになりますよ

早速査定して、今のあなたの愛車の

正しい価値を見てみましょう!

↓安心の楽天運営↓


フォレスターを比較した関連記事はこちら

フォレスターvscx-5どっち?→

フォレスターvsエクストレイルどっち?→

フォレスターvsアウトバックどっち?→

フォレスターvsヴェゼルどっち?→

フォレスターvsアウトランダーどっち?→

フォレスターvsハリアーどっち?→


フォレスター購入に役立つ関連記事はこちら

フォレスター新型の価格や費用はどのくらい→

フォレスター新型の維持費やローンに詳しく→

フォレスター新型の納期最新情報→

フォレスター新型を値引きます→

フォレスター新型の税金を解説→

クルマ好きの私が

好きなことを書いて報酬大量発生中!!!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

→気になるその方法とは!?←

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする