フォレスター新型の燃費!実燃費や燃費向上についてもお届け

車を利用する上で、最も気になることの1つが燃費ではないでしょうか。

新型フォレスターの燃費はどれくらいでしょうか。

また、カタログ燃費と実燃費に差があるのはなぜなのでしょうか。

燃費向上のためのコツもお届けいたします。

燃費について

引用:https://search.yahoo.co.jp/image/search?ei=UTF-8&p=%E7%87%83%E8%B2%BB&fr=mcafeess1#mode%3Ddetail%26index%3D0%26st%3D0

燃費は、燃料の単位容量あたりの走行距離、もしくは一定の距離をどれだけの燃料で走れるかを示す指標です。

使用する燃料、タイヤ空気圧、路面状況、エンジンオイルの種類、積載重量、走行パターンなどで変化します。

日本における燃費の単位はkm/Lです。

メートル法を採用している日本をはじめ、アジア、オセアニア、北欧、ラテンアメリカ、アフリカなどでもkm/Lが採用されています。

平地を一定速度で走行した時の「定地走行燃費」と、実際の公道走行を想定して、発進、停止、アイドリングを含めた「モード走行燃費」があります。

2018年(平成30年)10月から、新型車の燃費については、市街地・郊外・高速道路の3つの走行モードを平均的な仕様時間配分で構成した国際的なWLTCモードでの測定が義務化されました。

それに先立ち、2017年(平成29年)7月には、カタログにWLTCモード値に加え、3つそれぞれの試験モード値も併記することが義務化されました。

よく、カタログの燃費と実燃費が違うとメディアで取り上げられることがあります。

なぜ、カタログの燃費と実燃費が違うということが起こるのでしょうか。

燃費のカタログ値は走行パターンに基づき、テストドライバーが走行させて計測されています。

しかし、実際の走行では同じ距離でも、天気や道路や交通の状況が異なったり、一般ドライバーはテストドライバーほど高い運転技術を持たなかったり、エアコンやランプなどを作動させたりします。

そのために、燃料消費量が変化します。

カタログの燃費を、実際の走行燃費に近づけるためのテストサイクルの改定も各国で行われてています。

日本では、JC08モードへと切り替えられているほか、欧州連合が中心となり、世界で導入を進めているWLTP(Worldwide harmonized Light vehicles Test Procedure:乗用車等の国際調和排出ガス・燃費試験法)などの例があります。

2018年より日本でもWLTPが採用される予定です。

フォレスターの燃費

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/

では、フォレスターのカタログ燃費を見てみましょう。

・Touring、Premium、X-BREAKの燃費

JC08モード(国土交通省審査値):14.6km /L

WLCTモード(国土交通省審査値):13.2km /L

市街地モード(WLTC-L):9.6km /L

郊外モード(WLTC-M):14.6km /L

高速道路モード(WLTC-H):16.4km /L

・Advanceの燃費

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/grade/grade.html#grade4

JC08モード(国土交通省審査値):18.6km /L

WLCTモード(国土交通省審査値):14.0km /L

市街地モード(WLTC-L):11.2km /L

郊外モード(WLTC-M):14.2km /L

高速道路モード(WLTC-H):16.0km /L

では、実燃費はどうでしょうか。

曇りの日に、高速、郊外路、市街地・街乗りX-BREAKでの走行の場合の記録で14.7km/L”とのことで、意外にもカタログ燃費よりも良い結果が出ています。

しかし、スバルの公式サイトの試乗レポートを見てみると、やはり燃費懸念点と挙げる人が、複数人いらっしゃいました。

これからフォレスターを試乗される機会がある方は、燃費の確認をチェック項目に加えることをお薦めします。

次の項では、燃費を向上させるためのコツを見ていきます。

燃費向上のためにできること

・タイヤ

引用:https://search.yahoo.co.jp/image/search?ei=UTF-8&p=%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%A4&fr=mcafeess1#mode%3Ddetail%26index%3D5%26st%3D300

最も簡単で、しかも大きな燃費改善効果が得られやすいのがタイヤです。

燃費重視型のタイヤに交換しましょう。

驚くほどの燃費改善効果が期待できることもあります。

また、空気圧のチェックは無料ですので、空気圧のチェックは給油時の習慣にしましょう。

空気圧を正常に保つことも燃費向上につながります。

・添加剤

引用:https://www.amazon.co.jp/

エンジン内部の汚れを取ったり、フリクションの低減を狙ったエンジン添加剤を使用することで、燃費改善効果が得られることもあります。

価格の高いエンジン内部コーティング系の添加剤や、高額の施工費用がかかるエンジンの内部洗浄(特殊な溶剤を使ったもの)は、値段が高いだけに効果が実感しやすいものが多いといえます。

特に、古い車に乗っている場合、エンジン内部の徹底洗浄はかなりの燃費改善効果が期待できそうです。

ただし、費用が高いだけに、燃費が改善されても、経済的メリットが得られるかどうか、慎重に判断する必要がありそうです。

・エンジンオイル

引用:https://www.subaru.jp/accessory/engine_oil/

エンジンオイルで燃費向上のためにできることは、粘度指数の低温側をワンランク落とすことです。

たとえば、純正指定が5W-30の場合、0W-30、あるいは0W-20の低燃費志向のオイルにすると、燃費改善効果が出やすくなります。

特に気温の下がる冬場は狙い目です。

ただし、粘度指数を下げた場合は高温時の性能が厳しくなります。

エンジンを全開にすることは避けましょう。

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/driving/2.5engine.html

ターボや高回転型のエンジンでブローするリスクが高まるので注意が必要です。

また、同じ粘度指数でも、より高価な高性能オイルに換えると、少しずつ燃費が良くなることが期待できます。

高価な高性能オイルはエンジン内部を洗浄する効果が高いので、走っているうちにカーボンやスラッジなどの汚れが落ちてエンジンの調子が良くなることが期待できます。

また、レギュラーガソリン指定のエンジンにハイオクガソリンを入れ続けることでも同様の効果が期待できます。

ハイオクガソリンは値段が高い分、エンジン洗浄剤などの添加剤が余分に入っている製品が多いからです。

・ホイールの軽量化

アルミホイールを軽量品に換える、またはインチダウンするなどして軽量化すると、少し燃費が改善されることがあります。

・発進時に燃費を節約する

車が一番ガソリンを使うのは発進時です。

アクセルを深く踏んだときはエンジンに高い負荷がかかります。

AT車は、ブレーキを離すとクリープ現象でゆっくり加速するので、クリープ現象を利用してみましょう。

ブレーキを離してすぐにアクセルを踏み込むのではなくて、一呼吸おいてから徐々にアクセルを踏み込むようにし、無駄な加速は避けるようにします。

・走行時における燃費向上

緩やかな速度で走行することをお薦めします。

頻繁にアクセルやブレーキを使い分ける運転は燃費を悪くするので、なるべく行わないようにしましょう。

できるだけアクセルの踏み加減を一定にキープします。

車間距離を十分に保つことによって、無駄な加減速の繰り返しを防ぐことができます。

・ 減速時における燃費節約

前方に赤信号を発見した時や、長い下り坂を下る時などはブレーキだけに頼らず、エンジンブレーキも利用しましょう。

車は走行中にアクセルを離すと、エンジンブレーキが自動的にかかります。

このエンジンブレーキを利用し、ある程度速度が落ちてからゆっくりとブレーキを踏むようにしましょう。

・停車時における燃費節約

エンジンがかかっていて、すぐ走行できるような状態で停車している待機動作をアイドリングといいます。

このアイドリングで消費される燃料消費もばかになりません。

可能な場合は、アイドリングにせずになるべくエンジンを切るようにしましょう。

踏切待ちなど停止時間がある程度長い場合に無理をせず実行してみましょう。

・クーラーと暖房

クーラーを使うとエンジンに負担がかかり、最大20%燃費を悪くします。

燃費を優先するのであれば、できるだけ窓を開けるなどして暑さをしのぎましょう。

ちなみに暖房はエンジンの余熱を主に利用するため、ほとんど燃料を使いません。

・ルートの決定

道に迷ってしまい遠回りすると、無駄な燃料を使ってしまします。

あらかじめルートを調べ、決定しておくことで燃費を抑えることができます。

また、道が混雑している時は抜け道を通ってしまいがちですが、細い路地や整備されていない道などで一時停止が多かったり加減速が多くなると、逆にガソリン消費をしていまいます。

ちょっとした混雑であれば、ストレートな道を選択したほうが燃費節約に繋がります。

・総重量を軽くする

10kgの荷物を積んで100km走ると21ccのガソリンを余分に消費するそうです。

不要な荷物はできるだけ下ろして、燃費向上させましょう。

・安全第一!!!

最近は、「エコドライブ」を心がけるクルマのドライバーが増えています。

エコ志向が行きすぎて、下り坂でギアをニュートラルにしたり、エンジンを切ってしまったりする人もいるそうです。

しかし、これは大変危険です。

エンジンを切ってしまうと、フットブレーキがほとんど利かなくなります。

十分なブレーキ力を確保するため、クルマには「ブレーキブースター」という装置が搭載されていますが、エンジンがかかっていない場合は作動しないからです。

エンジンや電源を切った状態でブレーキペダルを踏むと、重くて踏み込めないのはそのためです。

パワーステアリングが利かなくなるクルマもあるので、さらに危険です。

燃費向上の為に、ギアをニュートラルにしたりエンジンを切る行為は、絶対にやめましょう!

まとめ

フォレスターの燃費と、燃費向上のコツをお届けしました。

運転中のちょっとした気遣いで、燃費を改善させることができます。

特に、アイドリングストップは効果が大きいようです。

燃費向上の為に、エコな運転を心がけたいものです。

これを知らないあなたは〇〇万円損してる!?

車を買い換えたいな!

けど家計のこと考えると余裕が・・・

そんなあなたに必見の方法が

楽天オートです。

ディーラーに下取りでの下取りよりも

最大で50万円以上

高く買い取ってもらえるので

知らなかった人よりも

何十万円も得することになりますよ

早速査定して、今のあなたの愛車の

正しい価値を見てみましょう!

↓安心の楽天運営↓


フォレスター新型の関連記事はこちら

フォレスター新型の燃費はどれくらい→

フォレスター新型の内装を紹介→

フォレスター新型の口コミ評価をチェック→

フォレスター新型で車中泊がしたい→

フォレスター新型のカラーをまとめて→

フォレスター新型のスペック、乗り心地、加速性能を紹介→

フォレスター新型は安全面がとても優秀→


フォレスター購入に役立つ関連記事はこちら

フォレスター新型の価格や費用はどのくらい→

フォレスター新型の維持費やローンに詳しく→

フォレスター新型の納期最新情報→

フォレスター新型を値引きます→

フォレスター新型の税金を解説→

クルマ好きの私が

好きなことを書いて報酬大量発生中!!!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

→気になるその方法とは!?←

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする